明日までにお金が必要!!

検索広告でお金を作る

検索広告でお金を作る
検索広告とは、Yahoo!やGoogleで検索したときに表示される広告のことです。

 

PPC広告、キーワード広告、とも言われYahoo!の場合は今ではYahoo!広告、Googleの場合はアドワーズ広告と言うふうにわれています。

 

検索広告は、設定をすれば30分後には検索結果に反映されるため、特にニッチな市場で何かを売るときには効果を発揮します。

 

一昔前、福島沖地震の時に、原発がメルトダウンした際、放射能測定、ガイガーカウンターと言うキーワードで、検索広告に出稿し、放射能測定器を売った人が、かなりの数売れたと聞いています。

 

これは決して良い例ではありませんが、このように緊急性があり、今すぐなんとかしたい人に対して、検索広告は今すぐアプローチがすることができます。

 

特に業界の人しか知らないようなキーワード、まだ誰も他の人が広告を出していないキーワードでかつ、それを欲しがる人が多くいるキーワードを見つけた場合は、そのキーワードで検索している人が求めている物を差し出すだけで飛ぶように売れます。

 

ホームページがそれほど綺麗でなくても、売っているものが何か分かり、そして検索してきたときにそのページが表示されるようにできていれば、そこからモノやサービスが飛ぶように売れるのは、想像に難くないと思います。

 

ただ、今では、検索広告の効果は広く知られており、よく物やサービスが出るキーワードのほとんどには、報告の広告主が広告を出稿しているため1クリックあたりの単価が高騰しています。

 

ものによっては、1クリックするだけで数千円のお金がかかるものもあります。

 

一方で、そういう広告が全く出稿されていないジャンルもあり、そういうジャンルで何かモノやサービスを売ればとても稼ぎやすいと言う事は明白です。

 

この方法は、今日明日必ず確実にお金が用意できるという方法ではありませんが、設定自体はそれほど難しいものではなく、30分で出稿できてしまう為、やりようによっては、今日明日中にお金を用意することもできなくはない方法です。

 

そして、今日ではなくても長いスパンで見てもこの検索広告を使ったビジネスの立ち上げは、様々なところで応用できます。